【糖尿病の方向け】手作り宅配健康食のウェルネスダイニング

 妊娠線 ケア

妊娠線の予防を徹底しても、臨月になって気付いたらできていた、
ということは、よくあります。
そもそも、妊娠線は保湿を刷れば必ず防げるものではなく、
できるかできないかは、肌質に因るところが大きいです。

皮膚が伸びやすい人はできづらく、皮膚の張りが強い人はできやすいわけです。

しかし、たとえできてしまっても、
保湿をすることで「深く肉割れすることを防ぐ」ことは可能です。
肌質にこだわらず、保湿はしっかりとしましょう。




|